短期トレードは多種のものが必要となる

FXの魅力は、一つだけの投資商品であるにもかかわらず、資金投下の期間を短い・普通・長いの中からどの種類を選定するのかということにより出資のやり方がまったく違ってくるという点にあるのです。キーエンス

最初に外貨への投資の「長期」について考えましょう。フレキュレル

長期の投資は一年以上の投資期間を原則としているものです。ゾンビ漫画 おすすめ

だいたい為替の相場で一年以上後の為替の相場がが円高になっているだろうか、あるいは円安かどうかを推測するなんていうことは、たいていの場合難題に違いありません。アーセナル

実際のところ「後々の状況は予測できない」というのが本音かと思います。

見当もつかないものを懸命に予想しようにも無意味な行為です。

そんなわけで外貨を買い、買いレートよりも円高だとしてもその損失分は待っていれば返ってくるだろうくらいのイメージで取引に挑む必要があります。

為替の差益を狙うよりも他からの差益スワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で儲けるというのを第一の目的ということで投資しましょう。

もちろんちょっとの間で為替変動の影響でマイナスがたくさん膨らむこともあります。

よって差損があってもさほど影響を受けないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少しで抑えるのは重要です。

外国為替証拠金取引(FX)は為替差損が一定額以上に増大してしまうと追加保証金(追い証)を求められたりストップロスになってしまったりします。

ストップロス(ロスカット)がかかったら直ちに売り買いをフィニッシュせざるを得なくなり長期の投資ができなくなります。

この例のようなリスクを抑えるにはレバレッジ2?3倍にしてトレードするべきです。

次は中期での取引に関してです。

中期のスタンスにおいては、最大で2ヶ月ばかり経った頃を予測しての売り買いです。

為替トレードにおいては、およそ1ヶ月後のことは、ほとんどの場合、予測しやすいと思われます。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)を始めとした公式の議会の議題や為替の市場に参加している人たちがどんな内容に興味を持っているかを聞けばほとんどの場合想定できるのです。

上記のようにファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見ながらなおチャートを参考にすることで、為替レートの状況を把握する事ができ、トレードを決める方がいいでしょう。

基本的に経済情勢とテクニックの両方で良い状態でありまたは買い傾向が一致していれば、ほとんどの場合そのまま変動すると考えて間違いありません。

そうした時は保有高を増やすともっと大きなリターンを得られると思います。

3つ目に短期トレードの重要点。

この短期のスタンスは、つまりはデイトレを言っています。

為替市場でデイトレーディングをする際、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はいっさい絡まないと断言します。

なぜかというと翌日の為替のレートの変動に、経済の状態は無関係だからです。

この場合の、一番のコツは目立った事柄がある場合、それに影響して為替のレートが大きく変化するチャンスを見逃さないようトレードすることです。

例を挙げるとアメリカにおいて雇用の情勢が公示される、もしくは金融政策などによって金利が変化するといったイベント。

このような瞬間的な動きを見過ごさないとの意味で、短期トレードは多種のものが必要となる。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.articalwiki.com All Rights Reserved.