1カード利用者へ渡すべき利用レシート

店頭にて決済する場合誰でも感じたことがあると思うのだが、レジの担当者が理解していないことでどの紙をお客様に渡して良いのかわかっていないことがおありかと思います。75-6-31

クレジットを機械に通すと端末より複数枚の明細レシートが印字されるためであり、それらのどのレシートをお客様に対して差し出すべきか迷いやすいということがあるのです。75-15-31

使用レシートの正体>それではこの3枚1組の明細の意味は?というと、下のようになります。75-5-31

1カード利用者へ渡すべき利用レシート。75-11-31

2店舗控え明細。75-20-31

3カード会社控え用の明細レシート(サインを書く紙)。75-14-31

普通は当然利用者の方へ渡すべき使用明細を渡すものですが稀に、別の利用レシートの方をカード利用者に間違えて渡すようなパターンの他サインした明細レシート自体を渡してしまったいうパターンさえも存在するのです。75-10-31

このケースはパート従業員に対してや、あまりクレジットカードが使われることの少ない店舗で会計する際クレジットカードを提示するとこんな担当者の焦りを拝見することが出来ると思います。75-7-31

仮に店員が誤った方のレシートというものを提示して場合には親切に「間違ってますよ」と一言教育してみてはいかがでしょうか。75-17-31

75-4-31

コンテンツ

Copyright © 1999 www.articalwiki.com All Rights Reserved.