www.articalwiki.com

為替介入(外国為替市場介入)という言葉を知っていますか?日銀が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌、TV、ヤフーなどの記事で見られた方もたくさんいると思います。為替介入というのは日本においては、◯大臣(財務大臣)為替相場の沈着を保てるように実施する措置と位置づけられています。簡単に言えば、極端な円高や円安になると財務大臣の用命が出ると中央銀行(日本銀行)円の取引をして為替レートの安定をさせる、ものを言います。外国為替平衡操作(為替介入)とは種類があります。1.単独介入・・・政府機関または日銀が東京での市場において自分から市場に入って来て為替介入をする。2.協調介入・・・通貨当局が相談したうえ、各々の銀行などが資産を使ってみんなそろってまたは随時為替介入(外国為替平衡操作)を実行する。3.委託介入・・・他国の銀行などへの介入をお願いする。4.逆委託介入・・・日銀が他国の銀行などの代わりに為替介入をする。こういったやり方があります。どの方法の外国為替市場介入(為替介入)もその場、または継続して為替市場に影響力を与えるでしょう。為替の介入の金額はやはり威信をかけて行なうだけに桁外れです。円を基本に説明すると、普段は数銭ずつ変動している為替相場が突如数円ごとの変化をするのです。個人の投資家の方であれば一度は体験したと思うのですが、それまでは見込み通り含み資産(もしくは含み損)が増えているポジションを持ち続けていたのだが、キープしている持ち高が決済となりましたとの情報が外為の会社からメールが届き・・・得したのかな(赤字になったのか)?と気にしつつ決済後の状況を見ると自らが見込んでいたものとは反対の結果になっていて息を飲んだといったパターンがあったのです。介入が実施された際に起こりがちなです。こういったことから外国為替平衡操作(為替介入)が行なわれることで、為替市場のトレンドと正反対の変化をするのです。さらに動く額の範囲は相当でかく変わるため注意が必要です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.articalwiki.com All Rights Reserved.