www.articalwiki.com

外国為替平衡操作(為替介入)というのを耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌、テレビのニュースインターネットなどの情報でチラリと見た方もいると思います。元来為替介入(外国為替市場介入)といえば日本においては、・大臣(財務大臣)為替の安定化を保てるように実施する戦略ということで考えられています。簡単に言うと、極端な円高・円安が発生すると財務大臣の指図をもとに日銀が円を売買して為替の相場の安定化を狙うといったものです。為替介入(外国為替平衡操作)はいくつか方法があるのです。1.単独介入・・・政府や日本銀行が東京での市場において自主的に市場に入って為替介入をする。2.協調介入・・・いくつもの通貨当局が話し合ったうえで、各々の銀行などが持っているお金を用い同時あるいは続けて為替介入を実行していく。3.委託介入・・・国外の通貨当局に向けて介入の実施を託す。4.逆委託介入・・・日銀が他の国の通貨当局の代わりに外国為替平衡操作(為替介入)を行なう。これらのやり方があります。どのやり方の外国為替平衡操作(為替介入)もその場、もしくは継続的に市場に大きな効果を与えることになります。介入の資金は当たり前ですが自分の国の誇りをかけているのですからスケールが大きいです。円を元に考えると、いつもは数銭ごとに変化している為替レートがいきなり数円ごとの変動をするのです。個人投資家の人なら一度は経験があると思いますがこれまではうまく含み益(あるいは含み損)が多い保有高をキープしていたのに、保持している持ち高が決済しましたと情報が業者よりメールが届き。どれだけ黒字になったのか(損失が出たのかな)?と気にしながら決済のデータを見ると、自分で思っていた状況とはまったく反対の内容となり息を飲んだという話があったのです。為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれた場合によく聞く話です。こういったことから為替介入(外国為替市場介入)を施行すると為替の市場の動きと正反対の変化をします。さらに動く金額の範囲はかなり大きく動くので用心が必要なのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.articalwiki.com All Rights Reserved.