www.articalwiki.com

外為市場であるFXを掘り下げていきます。外国為替証拠金取引では両国の金を交換することによりその二つの差額の利益を儲けるというような仕組みなのです。こういった両国のお金の中で出てくる差益の金額をスワップ金利と呼ぶのです。こういったスワップ金利とは、本当はスワップポイントと呼ばれるらしいです。FXのスワップ金利(スワップポイント)とは、一日ごとに獲得できますけれどもその日の為替相場の動向によって変わってくるとのことです。こうしたFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントの取得がねらいで、為替トレードをしている人もたくさんいるようです。スワップ金利は業者それぞれに異なってくるのでほんの少しでも高い業者でトレードしたい所ですよね。しかしながらスワップ金利(スワップポイント)は為替相場が変わると変動してしまうので注意しましょう。同時に、トレードをする際は図表を読み取る力が重要になってきます。こうしたグラフを読み取れれば為替トレードの流れを読む事が可能となると言います。外国為替に慣れていない人が見た時いったい何のチャート?のように疑問に感じてしまうのでしょうけどポイントをつかんでおけばチャートを読み取る事が出来るとのことです。どの辺から円が上昇傾向にある又は下降するというようにこのタイミングが最も円安とこの図表によって判別が出来るようになり、為替取引を行う際にはかなり役立つデータとなります。このグラフは、日本では一般にローソク足が使われていてローソクの形に似た図表で表現されているのです。ローソク足(陰陽足)で高値・安値、なおかつ終値か始値等を表現されていてグラフはいろいろな形状になるのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.articalwiki.com All Rights Reserved.