www.articalwiki.com

FX取引初心者の方が相場の要所を理解するには最初に注文を積んでいく事が重要です。特に、先にリスクを気付くようにするためには失敗を積むことも経験のひとつです。当然、失敗するといっても立ち直れなくなるほど重大な損をする事は問題外です。ちょっとしたケアレスミスを何度も体験することが最後に自身の経験値を高めてくれるはずだ。れを考えると、まずは小さな額で投資してここでいくつか小さめの損をすることが大切です。100万円しか資金がない場合深く考えずに100万円を全部投資してエントリーすると間違えた時、二度と再起できなくなってしまうリスクがあります。それよりは、たとえば10万円ずつ分割してエントリーして、これによってエントリーを積んだ方が、じょじょに失敗を減らす手法なども覚えるはずです。最初は少額で売り買いする事の価値は先に記したように、己の経験値を高め、損を回避する方策を学習していく事にありますがエントリーの回数を繰り返して、不確実性を削減する事ができるというメリットもある。想定として、1回あたりの取引で勝てる確率が二分の一だとします。すると、同じ条件で損失を生むリスクもあるということになります。勝率50%ということは半分半分の比率でプラスになる事を意味しています。だが、全ての投資資金を使って1度のみのトレードをするということは勝ちか、負けのいずれかになります。そのままでは丁半バクチと同じ。要するに、全てを投入して1度しか勝負しないと、損が生じるリスクが大きくなってしまいます。それだけに、投資資金を1回に全部使うのではなく何回もに分けて回数を積み重ねる事が危険性を減らす事になります。同時にいくつかに分けたとしても全ての注文で儲ける事は不可欠ではありません。勝利する事が出来ないのが実際のところです。トレードで大切なのは、勝ち負けの回数ではなく、どれほどプラスに出来るかです。勝率が50%でも、例えば勝率3割でも儲ける事は出来ます。7割負けてもマイナスがわずかならば、3割の勝ちの儲けで十分に儲けられます。それには、損を少なくして、儲けを大きくして気をつけておくことです。損失が出たら直ちにロスカットして逆に儲けられる時には可能な限り大きく利益を上げることが、FX取引の経験の浅い方が外為取引で勝つための方法です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.articalwiki.com All Rights Reserved.